犬のヘルニアについて>ヘルニアの症状

犬のヘルニアは人間と一緒

脊髄神経が圧迫される椎間板ヘルニア。
軽度で発見できれば治りやすいのは犬も同じです。
sponsored link



犬のヘルニアの症状

◆背中に痛みが出ている場合
・背中を丸めている時間が増えた
・触ると痛がる(鳴く)
・走らなくなった
・抱っこしたら痛がる

◆不完全麻痺が出ている場合

・よろよろと力なく歩く
・後ろ足のふらつき

◆随意運動が不能

・後ろの足が動かせない
・立てない

◆腰から後ろ部分の感覚の鈍り

・排尿をしたことに気づいていない
・自分の力で排尿ができない

◆後ろ足の完全麻痺

・痛みさえ感じなくなる

脊椎(背骨)は椎間板というクッションがわりの軟骨でつながっています。

しかし、元々ヘルニアになりやすい骨の構造に
・飼い主さんの抱き上げ方
・肥満
・老化(骨の劣化)
・フローリングで足が滑る環境(室内犬)
・フリスビーやアジリティなど背骨に負担がかかる激しい運動
・リードを急に引っ張る
・砂利道の散歩 など


これらの原因が後押しをし、
あなたの愛犬が椎間板ヘルニアを発症してしまうのです。

足がもつれるようになったり、抱こうとしたら嫌がったり痛がるそぶりを見せたら
すぐに病院で検査を受けさせてあげるようにしてください。

通常であればレントゲンの検査になりますが、
できることなら早い段階で発見したいものです。

予防の意味でMRI検査を定期的に受けさせてあげていると、
苦しい思いをさせなくて済みますね。
sponsored link

Copyright(C) 2011 犬のヘルニアについて Allrights reserved.