犬のヘルニアについて>再発と予防

再発と予防

ヘルニアの手術を行なっても、
ヘルニアを起こしてしまった原因を
除去しなければ再発します。

これは犬も人間も同じです。
sponsored link



犬のヘルニアの原因

・背中に負担がかかる運動(フリスビーなど)
・肥満
・ソファーから床へ飛び下りる(高いところから低いところへ飛び下りる)
・飼い主さんの抱っこの仕方など

犬のヘルニアの再発を防ぐために、
治療後(ヘルニアになったことのない犬も含む)は
予防の生活を送る必要があります。

ヘルニアの予防法

・ジャンプをさせない
・階段の上り下りをさせない
・フローリングなど滑りやすい床にはカーペットなどをひく
・砂利道を歩かせない
・前足をつかんで抱っこしない
・抱っこしている場合はあなたの手で
 地面に降ろしてあげる(途中でジャンプさせない)
・分量を計って適量のフードを与える(肥満解消)

人間にとって「これくらい」と思う衝撃。
犬にとっては想像以上の衝撃となって、
脊髄に損傷が起きるような衝撃を与えてしまいます。

それでも、老化や病気、外傷などによって、
どうしてもヘルニアを起こしやすい状況になってしまっている犬はいます。

しんどい思いをさせない為には、
症状に気づいたらすぐに病院へ連れていってあげることが最良の方法です。


最初にヘルニアを発症した時点で、
脊椎・神経疾患専門または得意としている動物病院で治療を行ないましょう。

誤診などであなたのペットを逆に苦しませたり、
治療が適当ではないために再発してしまうケースがあることも事実です。

獣医は、動物の病気すべてに詳しいのではないということを覚えておいてくださいね。
sponsored link

Copyright(C) 2011 犬のヘルニアについて Allrights reserved.